葬式のスケジュールと諸費用について
  • 葬式のスケジュールと諸費用について

    葬式には直葬や家族葬のほか一般葬や社葬があり、親類や友人・知人等のごく親しい間柄の人たちだけで執り行う場合は家族葬、他の弔問客を受け入れる場合は一般葬として行います。

    葬儀社に連絡を入れた後、最初に大まかなスケジュールやプランについての打ち合わせを実施します。

    打ち合わせは自宅かもしくは葬儀場にある控室で行われ、喪主や施主、通夜や葬儀の日程や使用する会場、祭壇に飾る花や供物などのほか、火葬場への移動にバスを利用する場合は、人数を確認しそれに見合った貸し切りバスの手配も必要です。

    葬式サイトが一番おすすめです。

    打ち合わせで決定した内容はそのまま葬式費用へと直結するため、話し合いは真剣に参加する必要があります。



    多くの場合故人を失った悲しみから担当者に任せてしまいがちですが、後々トラブルにならないよう項目一つ一つについてしっかりと確認しておきます。


    例えば控室に設置されている冷蔵庫には、ジュースやビールが保存されていますが非常に高額です。
    控室の利用料と合わせると予想外の金額になることもあるため、近くのコンビニやスーパーを利用するだけでも費用を抑えることができます。寺院と提携している葬儀場が多いことから、住職の人数や戒名などお寺に関連する項目も一緒に決定します。



    住職は人数が多いほど高額で、戒名は文字数や材質によって金額が異なります。


    宗派にもよりますが、仏教であれば初七日法要や四十九日法要のほか、百か日法要もあり葬式の後も出費が重なるため、見栄を張らずに身の丈にあったプランを選択することが大切です。

  • 葬儀の納得の真実

    • ガン等の治療に関わる医師らが参加する緩和ケア研修会に、2018年2月21日、厚生労働省は遺族の心身の相談支援などを行う「グリーフケア」を研修内容に追加する方針を明らかにしました。同年4月から新しい研修会が行われる予定です。...

  • 葬儀が気になる方

    • 葬式で目にする花と言えば菊や白百合が挙げられますが総じて故人を偲ぶ花を「枕花」や「供花」と言います。正確には前者は納棺まで故人の枕元に添えられる花で、後者は個人の供養と葬式の会場のために飾られる花です。...

  • 葬儀の実態

    • 突然訪れる最期の時に、故人が本当に喜ぶような葬儀をできなかったという経験は多くの方が後悔しています。時間がなく考える暇がもてなかったり、式場をじっくり探す時間がなくて自分たちが行いたい内容ができる場所を見つけられなかったという声が多いです。...

  • 葬儀の秘密

    • 全国には地方独自の葬儀のしきたりがあり、千葉県にも千葉県独自のしきたりがあります。最も特徴的な葬儀のしきたりは、長寿銭です。...