• 千葉県で伝わる葬儀のしきたり

    全国には地方独自の葬儀のしきたりがあり、千葉県にも千葉県独自のしきたりがあります。最も特徴的な葬儀のしきたりは、長寿銭です。
    長寿銭は紅白のひもを通した5円玉をポチ袋に入れ、会葬礼状と一緒に葬儀で配られます。


    これは長寿を全うした方の葬式でのみ行われ、この長寿銭を持ち帰ると故人と同じく長生きできるといわれており、ポチ袋には長寿という文字が印刷されています。

    気軽に千葉で葬儀のココだけの話をしましょう。

    千葉県は比較的広いため、県内でも地域によって葬式に関するしきたりが異なります。都市部では数時間で終わる通夜も地域によっては夜伽と呼ばれる一晩中おきて番をする場合もあります。


    火葬に関しても前火葬と後火葬の地域が入り混じっているため注意が必要です。故人の顔を見てお別れをしたいと考えている場合は、必ず事前に火葬が行われるタイミングを確認しておきましょう。



    県内の市川地域では葬儀終了後、まだ日が高い間にお寺参りをしますがこの道中が誰に声をかけられても決して返事をしてはいけないという風習もがあります。



    また、松戸市の千駄堀地域では告別式で別れの杯と呼ばれる風習が行われています。

    分かれの杯は故人の親族が告別式の焼香前にお酒を回し飲みするというもので、お酒が入った猪口を親族全員で回して飲んでいきます。

    お酒が弱い方や車の方は飲むふりだけで、次に回していきます。
    このほかにも地域によって、葬式組と班と呼ばれる組織が存在しておりお葬式の準備やお寺への連絡などを行ってくれるという、故人の親族の負担を軽減してくれる風習もあります。

    千葉にゆかりがある方は、自分の地域のしきたりを調べてみると良いでしょう。