• 厚生労働省が葬式後も遺族支援

    ガン等の治療に関わる医師らが参加する緩和ケア研修会に、2018年2月21日、厚生労働省は遺族の心身の相談支援などを行う「グリーフケア」を研修内容に追加する方針を明らかにしました。
    同年4月から新しい研修会が行われる予定です。
    患者と死別して、葬式などの後、遺族らが喪失感や無力感・自責の念などを感じて思い詰め、適切な対応がされないまま、うつ病などになるケースが少なくありません。

    葬式等の後グリーフに陥ったり突然違う環境に変化した時、じっくり傾聴してくれたり、さりげなく寄りそうサポート・ケアは大変心強いです。

    葬式の情報ならこちらにお任せ下さい。

    死別によるうつ病では引きこもったり落ち着かなくなったりします。



    再発の可能性もあるので、サポートによって進む道が見え、「苦境はチャンスだった」と後々思えるようなケアが大切になります。

    特に葬式後は二度と再会できない故人に対する悲嘆はかなり重く、そんな時悲しみを温かく包みこんでくれる存在は回復の助けになります。

    グリーフケアを行う病院もあり、患者さんが亡くなって関係が途絶えがちな遺族に対して辛い時期を乗り越えていくためのお手伝いをしています。



    時間が経っても悲しみが深まるばかりの人や、人と付き合いが苦痛になる・心の悩みや生活の問題などの相談に応じます。死別はその後の人生を大きく変えるほどの強い影響があり、社会や家族との間に壁を感じたり孤独な悲しみになりがちです。

    気軽に相談できる体制が今後も重要になってきます。