葬式の花にも選ぶべき種類や値段がある - 葬式のスケジュールと諸費用について
  • 葬式の花にも選ぶべき種類や値段がある

    葬式で目にする花と言えば菊や白百合が挙げられますが総じて故人を偲ぶ花を「枕花」や「供花」と言います。


    正確には前者は納棺まで故人の枕元に添えられる花で、後者は個人の供養と葬式の会場のために飾られる花です。


    「枕花」は故人と親しかった友人や親族が、「供花」は葬儀に参列できない人がよく贈ります。

    葬式を知りたいならこちらです。

    「枕花」や「供花」以外にも地域や葬式のスタイルによって花の輪を作って飾る「花輪」やキリスト教の習わしとして故人に添えられる「献花」も葬式で目にする花として有名です。

    コストは先述した種類や故人との関係で変化します。例えば一般的な手向けの花である「枕花」の相場は5千円から1万円ほどかかりますが焼香の代わりでもある「献花」は一輪だけなので相場は平均100円から500円です。「枕花」や「花輪」にも平均的な相場はありますが全てをまとめると価格は5千円から2万円が目安となります。


    コストについては状況にもよりますが豪華な花や金額が適さない場合もあるので要注意です。



    特に会場が故人や親族の自宅の場合は慎ましいものが良いと言われています。


    花の種類については特に決まりはありませんが、縁起を担ぐ場面が多い葬式では棘があるものや赤色のものは避けなければならないのが実情です。



    代表的なものを挙げるなら薔薇ですが故人が生前「捧げてほしい」と遺言を残していたり等気遣う場合には関係者に説明すれば用いる事が出来ます。

    分からない場合は注文する際に相談すれば問題ないはずです。